ヴァイキング派閥:ヒーロー

ハイランダーの研究メモ:弱強+オフェンシブフォームと解説

派閥 | ヴァイキング

 

ハイブリッド | 上級者向け

2種類の戦闘フォーム、技巧派

 

人の大きさほどもある大剣クレイモアを操るヒーローで、

防御性能に優れたディフェンシブフォームと攻撃性能に優れたオフェンシブフォームの2つのフォームを駆使して戦います。

個人的に一番使っていて楽しいヒーローだなと思っています。

 

初めは動作も遅いし、操作入力も難しいしでなかなか戦えなかったんですが、

攻めのオフェンシブフォームを使い慣れてきたくらいから面白くなっていきました。

 

次にオフェンシブフォームを潰してくる相手に勝てなくなりましたが

オフェンシブフォームを潰してくる相手の攻撃を逆手に取れるようになってから

読み合いで戦うことの楽しさを覚えて今に至るという感じです。

 

For honorは別にパリィを狙わなくても勝てるゲーム性を持っていると思ってはいますが

弱点の多いハイランダーは、弱パリィを狙っていない、あるいは弱パリィ→OF強攻撃を出せないことが相手にバレると

一気に戦いが辛くなるヒーローかなーと感じています。

 

 

Kakebuton
解説動画あげました!

 

 

 

基礎編:通常攻撃のモーション集

 

ここではハイランダーの通常攻撃+ムーブモーションを見慣れるためのモーション集になります。

ディフェンシブフォームの弱攻撃は全ヒーローの中で最も遅い18フレームなので、

ディフェンシブフォームの不用意な弱攻撃は確実にパリィを狙っていきたいですね。

 

1.上段の弱攻撃+強攻撃+ステップ強

 

通常の攻撃はディフェンシブフォームとなり、弱と強攻撃ともに遅い攻撃になりますが

最初の弱攻撃にはスペリオルブロック特性が存在し

ステップ攻撃を含む強攻撃にはスーパーアーマー特性が存在します。

 

どちらも素だしというよりは、相手の行動に合わせて後の先をとったり、

強攻撃のスーパーアーマー特性で相手の弱攻撃と相打ちにしてダメージ交換に勝つことを目的に使うことが多いです。

 

一番選択を強いられる嫌な攻撃は前ステップ上段攻撃で

キャンセルしてオフェンシブフォームに入ることができたりします。

 

ハイランダーを使用する側としては、前ステップ攻撃と前ステップ攻撃キャンセル→オフェンシブフォームを使いこなしたいところです。

横に流れるステップ攻撃への派生は、見切られるとパリィされる攻撃でもあるので

相手の行動に合わせて横に流すのが最適です。

 

 

2.左方(右)弱攻撃と左方(右)強攻撃+ステップ上強ソフトキャンセル右

 

ステップ攻撃以外は上段に同じで、不用意な弱攻撃は積極的にパリィを狙っていきたいところです。

 

ステップ上段攻撃はソフトキャンセルで左右に振りなおすことができます。

左右に行った時点でキャンセルは不可になり確定で振り切る攻撃になるので、見切れればパリィを狙いたいところです。

 

Kakebuton
私も時々やってしまいますが、攻め手に困った時に左右ステップ攻撃をだしがち!
Kakebuton
パリィの上手い人には簡単に取られるので注意!

 

 

3.右方(左)弱攻撃と右方(左)強攻撃+ステップ上強ソフトキャンセル左

※右攻撃に同じ

 

 

4.オフェンシブモード/弱3方向+フォモールキック+丸太投げ+複合4種

 

オフェンシブモードから繰り出される攻撃モーション集になります。

 

  • オフェンシブモード弱3方向
  • オフェンシブモード強攻撃
  • フォモールキック
  • 丸太投げ
  • フォモールキックキャンセル→丸太投げ
  • 強攻撃キャンセル→フォモールキック
  • 強攻撃キャンセル→丸太投げ
  • 強攻撃キャンセル→フォモールキックキャンセル→丸太投げ x2

 

それぞれの攻撃で避けられるタイミングが違うので

反応で避けるのではなく、攻撃を読んで避けるイメージが近いかなと思います。

 

高速弱攻撃は早すぎるので基本的にはブロックできたらいいなくらいで

その次の攻撃に備えるのがセオリーかなと思います。

 

使う側として感じるのは、

反応で避けてしまう人にはキックは刺さりにくく、丸太投げが刺さりやすい印象

しっかり見切って避けようとする人には、逆に丸太投げが刺さりにくく、即だしのキックが刺さりやすい印象です。

 

また、フォモールキック→丸太投げを刺したい時などでは

フォモールキックを見せた時に、フォモールキックのタイミングで避けてもらいたいので普通にキックを撃つよりも

前ステップで距離を詰めてからフォモールキックを出したりすると少しだけ避けていただける確率をあげることができたりすることもあります。

 

またステップ回避攻撃を持っているヒーロー相手の場合は、

OF強攻撃→キャンセルでステップ回避攻撃を誘える可能性が高いので

フォモールキックや丸太投げを出すよりは通常フェイントのほうが有効になることが多いです。

 

なぜ誘える可能性が高いのかというと

 

OF強攻撃→ステップ回避攻撃で打ち勝てる

フォモールキック→ステップ回避攻撃で打ち勝てる

丸太投げ→ステップ回避攻撃で打ち勝てる

 

だからです。

 

 

 

実践編:オフェンシブの攻撃を全部ローリングで拓拒否されるんですが?

 

 

ハイランダーのオフェンシブフォームの攻撃はすべてローリングで完全拒否することが可能です。

なので、読み合いに持ち込まれるのが嫌な人はローリングで拒否する人も多いです。

 

こういう人を相手にする場合は、

現状は、弱パリィ→OF強攻撃を狙っていく(+防御技術を高める)しかないと思います。

 

 

オフェンシブフォームを嫌がる人は、逃げるか、早い攻撃で潰したがるので

必然的に弱攻撃が多くなるためです。

これを逆手に取る、あるいは抑制するために弱パリィを狙う必要があります。

 

そして弱攻撃を打ちにくくなると、それ以外の攻撃の割合が増えるので

遅い強攻撃にはスペリオルブロックの弱でカウンターを狙い、即だしガーフ攻撃はステップで避けたりと

ヒーロー毎に対策は違いますが、ある程度弱攻撃以外の攻撃に対する心の準備ができると思います。

 

 

弱攻撃(にはパリィ)と強攻撃(にはスペリオル弱攻撃)をあわせられたりと

攻撃を捌くことができると相手は攻め手がなくなってくるんですが

こうなると相手はダメージを与えるために拓攻撃をローリングで回避している場合ではなくなってきます。

 

つまり、「オフェンシブフォームの読み合いに勝って、ガード崩しを入れないと勝てない」と

相手に思ってもらいたいわけです。

 

 

つまり、弱パリィを取ることで

 

  • 弱攻撃を振りにくくさせる→防御技術の高いプレイヤーだと思ってもらう
  • OF攻撃を読み切ってガード崩しを入れないと分が悪いと思ってもらう

 

こういうシチュエーションに持ち込むことができれば

オフェンシブフォームの択に持ち込むことができるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

-ヴァイキング派閥:ヒーロー

Copyright© For Honor / フォーオナー部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.